MENU

高校生の歯のホワイトニングにオススメの方法。自宅で手軽に綺麗に!

 

 

近年、歯のホワイトニングへの意識はどんどん高まっていますね。

 

最近では、高校生が「歯のホワイトニングをしたい!」と歯科に相談に来る事も多いのだそうです。

 

やはり、綺麗な白い歯でいたいという思いはに年齢は関係ないんですね。

 

 

でも、多くの歯科では、18歳以下のホワイトニングはあまりオススメしていないとの事…。

 

つまり、高校生のホワイトニングは受付けてもらえないケースが殆どなんです。

 

 

ではなぜ、高校生は歯科でホワイトニングをしてもらえないのでしょうか?

 

その理由について調べてみました。

 

 

 

高校生でホワイトニングをすると歯を痛める

 

現状では、高校生が歯科でホワイトニングについて相談しても、医学的必要が認められる時以外は断られる事が多いです。

 

どうしてもの場合は、親の同意書を持参してからの相談になります。

 

 

それはなぜかと言うと、高校生の歯は未発達でホワイトニングの研磨によりダメージを受けてしまう事があるからなんです。

 

未発達の歯を傷つければ、これからの歯の成長を妨げてしまうリスクがあるので、歯医者さんも安易には引き受けられないわけですね。

 

 

歯科でのホワイトニングは、研磨剤で歯を傷つけたり、強い薬剤で歯ぐきにダメージを与えてしまう可能性があります。

 

徐々に歯科でも、歯や歯茎に負担を掛けない方法を採用し、年齢に関係なくホワイトニングを受けらるようにする傾向にありますが…。

 

まだ、大半の歯科では従来の方法のままホワイトニングが行われているのが現状です。

 

 

 

歯科でのホワイトニングは高価

 

仮に、高校生が歯科でホワイトニングを受けられる事になったとしても、その価格はかなり高額になります。

 

歯科での歯のホワイトニングは、1回最低でも4万?6万は掛かってしまうんです。

 

それが、もし歯を痛めない最新のホワイトニングの方法であれば、とても高校生が負担できる金額ではないでしょう。

 

 

なかなか、高校生が歯科でホワイトニングを受けるのはハードルが高いですね…。

 

 

 

高校生に適したホワイトニング

 

高校生のホワイトニングが歯科で受付けてもらえないとなると、一体どうすれば良いのか?

 

やはり、自宅で自分でホワイトニングを行うしかないですよね。

 

 

でも、市販されているホワイトニング用の歯磨き粉には研磨剤が配合されているのが通常です。

 

もし、それらを闇雲に使用すれば、歯科でのホワイトニング以上に歯を傷つけダメージを与えてしまいます。

 

 

歯の発達が未熟な高校生でも安全に使えるホワイトニング剤は、研磨剤不使用の商品に限ります。

 

「でも、そんな商品あるの?」と思いますよね。

 

私も初めは、研磨剤不使用のホワイトニング剤は存在しないと思っていたのですが、実はあるんです!

 

 

 

高校生でも手軽に出来る!ちゅらトゥースホワイトニング

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、手軽にお家で歯のホワイトニングが出来る沖縄で生まれのホワイトニングジェル。

 

歯磨きの後に歯ブラシにつけ、トリートメントする感覚で歯をもう一度磨くだけで、黄ばみ等の着色汚れを落としてくれるものなんです。

 

 

歯科でのホワイトニングとは違い即効性はありませんが、継続的に使用することで効果を発揮してくれる優しい商品です。

 

 

そして、ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省が医薬部外品として認めています。

 

だから、効果や安全性についても安心して使用することが出来るんですよ。

 

 

また、ちゅらトゥースホワイトニングは、従来のホワイトニング歯磨き粉のように研磨してホワイトニングするものではありません。

 

汚れを浮かしてとるので、歯を全く傷つけることがなく安全性が高いと言えます。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、小さな子供から使用できる様に安全性の高い成分しか使っていないのも特徴なんですよ!

 

 

ご興味のある方は、ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

お得に購入できる方法や商品の詳しい説明が載っています。

 

成分や安全性ついて分からないことがあれば、相談できるサポートセンター(0120?4374?11)も用意されているので、直接聞いてみると確実で良いですね。

 

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、自宅で安全に歯のホワイトニングをしたい高校生にぴったりの商品です!

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 


このページの先頭へ