MENU

40代のホワイトニングに適した方法。白くて若々しい歯を保つには…。

 

40代になると、年齢が現れる場所が増えてきますよね。

 

でも、肌や髪の衰えに関しては、皆さん色々な対策を講じているせいか,とても若々しい印象の人が増えている気がします。

 

実は私が最近、年齢が出るなぁ?と思う場所は意外にも「歯」なんです。

 

 

加齢に伴い、40代になると歯はだんだんと黄ばんできてしまうんですよね。

 

黄ばんで歯が汚れて見えると、老けて見えるのはもちろん、清潔感が損なわれるから嫌です。

 

やはり、肌や髪のお手入れと同様に、歯もしっかりとお手入れしなくてはいけませんね。

 

 

そこで、40代のホワイトニングにはどのような方法が適しているのかを調べてみました!

 

 

 

40代の歯の黄ばみの原因3つ

 

なぜ、加齢と共に歯は黄ばんでしまうのでしょうか?

 

40代に適したホワイトニング方法を知るために、まずは原因から調べてみました。

 

 

黄ばみの主な原因は3つあります。

 

 

1、象牙質が厚くなる

 

歯の黄ばみは、歯の内側にある象牙質という組織に関係しています。

 

歯の表面の半透明なエナメル質から象牙質の黄色が透けて見えると、歯が黄ばんでいるように見えるんです。

 

 

実は、象牙質は年齢と共に徐々に厚みを増してくる性質があります。

 

厚くなった象牙質の色が、エナメル質からより透けて見えるようになり、以前より黄ばんで見えるのです。

 

加齢に伴い避けられないものですから、ある程度は仕方ない部分ですね。

 

 

2、ホルモンの影響

 

歯の黄ばみを悪化させるもう一つの原因は、唾液の分泌量の減少です。

 

唾液の分泌量には、女性ホルモンであるエストロゲンが関係していると言われています。

 

加齢と共にエストロゲンが減少し、唾液の分泌が少なくなると、口の中や歯の表面が乾燥します。

 

乾燥した歯には、着色汚れなどがこびり付きやすくなるので、歯が黄ばんできます。

 

 

これは、規則正しい生活で、ホルモンバランスを整えたり、水分を多めにとる等することにより、症状を軽減することが出来ます。

 

 

3、色素沈着

 

長年使っている歯の表面のエナメル質には、見えない傷がたくさんあります。

 

そこへコーヒー、紅茶、ワイン、タバコ、チョコレート等の色素が入り込み沈着して黄ばみになります。

 

 

この色素沈着による黄ばみは、日々のお手入れにより改善できる部分です。

 

しっかりと対策して、いつまでも若々しい白い歯を保ちたいですね!

 

 

 

40代に適したホワイトニング方法

 

黄ばみの原因が分かったところで、次にホワイトニング方法をいろいろと調べてみました。

 

早速、紹介したいと思います。

 

 

1、歯科でのオフィスクリーニング

 

歯のホワイトニングで1番先に思いつくのが、歯科でのホワイトニングですよね。

 

確かに歯医者さんで一気に綺麗にしてしまえば楽です。

 

 

でも、歯科でのホワイトニングにはデメリットもあるんです。

 

歯科でのホワイトニングのデメリット

 

● 費用が高い

 

● 痛みが残る可能性

 

● 拘束時間が長き

 

 

歯科でのホワイトニング費用は、一回4万円?6万円…かなり高額ですよね。

 

しかも、ホワイトニング薬剤の歯肉への影響により、知覚過敏のような刺激痛が残ることがあるんです。

 

また、1回のホワイトニングに掛かる時間は1時間で、1週間ごとに3?4回通わなくてはなりません。

 

忙しい40代には、ちょっと負担になりかねませんよね。

 

 

2、自宅で使えるホワイトニング剤

 

歯科でのホワイトニングは、費用面や拘束時間を考えるとなかなかハードルが高いものなんですね。

 

そんな事情もあり、最近は自宅で自分でホワイトニングをする人が増えているんです。

 

 

そこで、40代が自宅でホワイトニングをする際に適しているホワイトニング剤を調べました。

 

40代のホワイトニング剤選びのポイント

 

● 研磨剤不使用のものを選ぶ

 

● 安過ぎない物を選ぶ

 

 

40代が自宅でホワイトニングをする際、絶対に選んではいけないのは研磨剤が配合されているホワイトニング剤です。

 

確かに、研磨剤で歯を磨けば着色汚れは落ちるかもしれません。

 

しかし、それと同時に大切なエナメル質が削られてしまい、内部の象牙質がさらに濃く表面に現れるようになってしまいます。

 

せっかく着色汚れが取れても、象牙質の黄ばみが目立つようになっては意味がありませんから気を付けましょう。

 

 

また、歯科でのホワイトニングの価格を見てもわかるように、効果的な歯のホワイトニングには多少のお金は掛かるものです。

 

市販されているあまりにも安いホワイトニング剤は、効果が薄かったり、粗悪な成分が入っていて歯や歯茎を傷めてしまう可能性もあります。

 

目安として、1ヶ月分で3,000円をきるような商品は効果が薄いと考えましょう。

 

 

 

ネット上で好評のホワイトニング剤

 

40代が安心して使える市販のホワイトニング剤を探し回りましたが、結局、研磨剤配合のものばかりで、目ぼしい物は見つかりませんでした。

 

そこで、今度はネットで買える通販の商品を探してみた結果…。

 

「これなら、40代のホワイトニングにピッタリ!」というものを見つけましたので、紹介したいと思います。

 

 

私が見つけたのは、手軽にお家で歯のホワイトニングが出来る沖縄で生まれのホワイトニングジェルです。

 

いつもの歯磨きの後に、トリートメントする様にこの商品でもう一度磨くだけで、黄ばみ等の着色汚れを落としてくれるものです。

 

歯科でのホワイトニングとは違い即効性はありませんが、継続的に使用することで効果を発揮してくれる優しい商品です。

 

従来のホワイトニング剤の様に研磨して歯を白くするのではなく、汚れを浮かしてとるので、歯を全く傷つける心配がありません。

 

 

また、ちゅらトゥースホワイトニングは、厚生労働省が医薬部外品として認めています。

 

だから、効果や安全性についても安心して使用することが出来るんですよ。

 

 

40代のホワイトニングに適しているのはもちろん、子供でも使用できる処方なので、家族全員で使うことができるのも魅力です。

 

 

そして、気になる価格ですが…。

 

1ヶ月分が3,980円と研磨剤不使用のホワイトニング剤としては、良心的なんです。

 

市販のホワイトニング剤で、研磨剤が含まれている物でも3,000円を超える商品は結構ありますから、価格的にも良いと思いました。

 

送料も無料なので、通販だから高くつくと言うこともありません!

 

 

ご興味のある方は、ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

お得に購入できる方法や商品の詳しい説明が載っています。

 

成分や安全性ついて分からないことがあれば、相談できるサポートセンター(0120-4374-11)も用意されているので、直接聞いてみると確実で良いですね。

 

ちゅらトゥースホワイトニングは、経済的で研磨剤不使用の40代にピッタリなホワイトニング剤です!

 

⇒薬用ちゅらトゥースホワイトニングの公式サイトはこちら

 

 


このページの先頭へ